【読書レビュー】インビジブル・インフルエンス 決断させる力~その①~

こんにちは。
おすけです。

今回は月に一回の建築本以外の読書レビューです。

今回は【インビジブル・インフルエンス】という本です。

「人が隠れながらに影響を受けているものって何!?」ってのを解き明かしてくれる本になっております。

さて、僕がこの本を読もうと思った理由は ひとつ。

おすけ
「優柔不断な人の打ち合わせを短くしたい!」

というのがこの本を買うに至った経緯でございます。

何せ僕たちの仕事ってのは、お客さんの意思決定が終わらない=僕たちの仕事も終わらないんですよね。

記事を書き終えたら、めっちゃ長くなってしまったので2回に分けてアップします。。

それでは早速行ってみましょうー!!

似ていたい

まず【人は同調する生き物】って理解する必要があります。

そう、僕たちは人と【似ていたい】のです。

動いていない光の実験

これは非常に滑稽であり、悲しくもある実験です。

おこなったのはムザファー・シェリフという、今にも舌を噛みそうな名前を持つ心理学者です。

彼は、全く動いていない光を見せて、

シェリフさん
「光は何センチ動いていましたか?」

という非常にイヤらし~い実験を行いました。

すると、最初は2~6cmばらつきがあった答えが、 グループで話し合ったら3.5cmに収束しました。(めっちゃ同調してた!!)

繰り返しですが、実際には光は全く動いておりません。。(爆笑)

つまり、みんな他人の意見に同調しまくっていたのです。
しかもそれを本人は気付いていないというのですから、これまた驚きです。

【人は同調する生き物】であり、他人の情報源を頼りまくっているという事になります。

ダウンロードサイトの実験=サルガニク効果

無料ダウンロードサイトの実験も非常に面白いところ。

実験を行ったのはマシュー・サルガニクさん。社会学者です。

無名のミュージシャンだけを扱った音楽ダウンロードサイトを作って、ある実験をしました。

このダウンロードサイトには、
・何回ダウンロードされたかが分かるようにして、
・ダウンロード順にランキングを表示させました。

全員無名ですから、実力は似たり寄ったりです。
しかし、大ヒットする楽曲もあれば、全く聞かれない楽曲も出てきます。

これは明らかに、後からダウンロードサイトに訪れた人は、他(前)のユーザーがダウンロードした曲に追従するように行動したことになります。

だけど待って。
無名の中に天才アーティストが居た可能性だってあります。
インディーズでくすぶっていた【米津玄師】的アーティストがいた可能性もなくはないと。

なるほど。ですが!
別グループでは、全く違う曲がランキングの上位を占めていました。
逆に前のグループで上位だった曲が一切人気ないなんてことも。。

そう、【米津玄師】が全く聞いてもらえない世界があったのです。

要するに大ヒットは【クオリティ】だけではなく、【初動】が雪だるま方式になって生まれているという事を意味しています。

つまり、我々は自分の感性で好き嫌いを選んでいるワケではなく、世の中が良いとしているものに影響を受けまくっていたんです。。

違っていたい

次は、【違っていたい】という心理にも触れていきます。
先ほどと矛盾しますが、読み進めれば理解できます。

にわかファンが増えると「昔の曲は良かったんだけどね~」と言う

人は他者との違いにより、自分の【個性】を確立します。

例えば、まだ無名のアーティストを支持していることも、明確な他者との違いです。

しかし、このアーティストが売れてファンが多くなってしまうと、【ファンである】という個性が失われたことになります。

そうすると、他社との違いを生み出すために

ファン
「昔の曲は良かったんだけどね~」


というヤツが現れます。笑

どういう事かと言うと、
にわかファンの中に埋もれないために、【古参のファン】であることを個性としているのです。

何だか妙に納得できます。。

他にも、
・優れたアスリートは2番目以降の子の確率が高い理由も、
・ティーンエイジャーが親に反抗する理由も、
他人と違っていたいという原動力から生み出されます。

前者は兄弟との違い、後者は親との違いを確立するためです。

なるほど、僕らは同調はしていたいけれど、他人と全く同じは嫌なようです。

さて、今回はここまで。
次回に【似ていたいけど、違っていたい】の無理難題に挑みます!!

最新情報をチェックしよう!
広告