「良い家」が設計者と一般の方でズレているのでは!?という考察

今回は前々から気になっていたことを、自分なりにまとめる機会にしてみました。

それは、「設計者が思う良い家」と「一般の方が思う良い家」が若干ズレているのではないかというお話です。

これは実体験として何度も経験していることで、割と全国の設計者の心にも刺さってくれるのではないかと。。笑
僕もこのズレを感じる度に、歯がゆい思いをしています。
それに追い打ちをかけるように、営業マンが施主様をヨイショするもんだから、いよいよ収拾がつかなくなったりとか。。笑

ちなみに、本当に優秀な設計者は、この辺りのズレを上手く(言葉巧みに)誘導しながら、打ち合わせを進めていきます。

つくづく設計という仕事は、プレゼン(言葉)のスキルが必要なのだと感じてしまいます。
これがなかなかできないんだな~。。笑

さて、話は脱線してしまいましたが、僕が思う【家ズレ3選】を解説していきますよ~。

「より複雑であることは、より良いこと」ではない。

ミースの「Less is more」(より少ないことは、より豊かである)の言葉をもじって、題名にしてみました。
太字にして、最後に「。」を付けると格言っぽくなることを発見しました。。笑
一瞬意味深に見えて何の深みもない話ですが、お付き合いください。

さて、最近はフリーソフトで簡単な間取り図が描ける時代になり、打ち合わせの時に自作プランを持ってきてくださる施主様も多くなってきました。
スマホでプランを作成できるアプリなんかもあるみたいですね。

そんな感じで施主様の自作プランを拝見することがあるのですが、何とも返答しずらいプランを描かれてくる方がいます。。笑

ざっくり言うと、一般の方が作られたプランは複雑です。ごちゃごちゃしています。

複雑な方が一見カッコよさそうに見えるというのも分からないワケではありませんが、そんな時はこの格言を思い出してください。

「より複雑であることは、より良いこと」ではない。

設計者がつくるプランは、廊下や部屋のラインが通っています。
建物形状は敷地条件にもよりますので、「外形がシンプル」とはちょっと違います。

それは、廊下が無駄にクランクしていたり、床面積は取れているけれど部屋の形がいびつだったりということが極力無いということです。

建物は複雑でも良いですが、部屋や廊下の形は極力シンプルにすべきです。
これらが複雑では使い勝手も悪く、良いプランとは言えません。

この辺りの違いは設計者と一般の方で、設計プロセスが違うことが要因ではないかと思っています。

一般の方は各部屋を追加していくようなイメージでプランを作っていると思います。
僕がまだ新入社員だったときは、このように部屋を付け足しながらプランニングをしていたものです。

このやり方でプランニングしていくと、少しずつプランが決まっていくように感じて気持ち良いのですが、結果として出来上がるプランには、一貫性がなく取って付けたような印象になってしまいます。

一方、設計者はまずゾーニングを考え、次に廊下を通し、そこに部屋を肉付けしていくようなやり方です。
設計手法はそれぞれありますが、「通り」を気にしない設計者はいないんじゃないかと思うくらい重要項目です。

平面的にシンプルでラインが通っている間取りは、施主様には一見面白みのないように見えてしまうようです。

しかしながら、平面が美しい建物は、実際の家も美しいものです。

廊下・部屋・屋根などは複雑にするのではなく、よりシンプルにしていくことが良いプランの秘訣です。

シーンに固執している

一般の方で最初に持ったイメージに引っ張られている人を見かけます。

ある一点のシーンに固執しているケースです。

最初に感じたイメージは大切にするべきですが、
固執しすぎると、どうしてもそのシーンに引っ張られ、不要なデザインが出来上がることがあります。

例えば、玄関入った時の中庭のシーンがイメージにあるとします。
一般の方は中庭を作りたいという気持ちが先行します。
その先に何が見えるのか、そのお庭は明るいのか、中庭が効果的な敷地なのか、
を十分吟味した結果であれば良いのですが、憧れが先行していると合理性がない演出になってしまいます。

仮に超田舎で田園風景が広がっている場所には中庭は不要ですよね。。
そんな時はあえてシンプルに南に大きい窓を取る時があります。

それが一番の贅沢だからです。

ですがそれがちょっと物足りないように感じられる方もみえるようです。

中庭や、吹き抜けなどの手法は敷地条件に依存します。

先にやりたい形があるのではなく、これらの手法をとる必要がある敷地だから採用するというような
ある意味、肩の力が抜けた状態で家づくりをすると、素直で気持ちの良い家ができるのではないでしょうか。

かくゆう私も、一度自邸に中庭を作ろうと思いましたが踏みとどまりました。
なぜなら、南に大きく開けた土地が欲しいという希望でその土地を買ったからです。
そして、上司から惜しげもなく「意味なくね⁉」と言われたからです。

あぶねぇ、あぶねぇ。。
あの時中庭を計画していたらこの記事は生まれませんでした。笑
上司に感謝です。笑

平面も大事ですが、断面も大事

良い設計者は平面と一緒に断面も考えています。

隣家マンションの上方向からの目線とか
吹き抜けからどのように光が落ちてくるとか
LDKのこの部分からこのように見えるとか

良い設計者は平面と断面を言ったり来たりしながら思考していると思います。

住宅特集や新建築で取り上げられているプランは、断面が非常に良く考えられています。
言わば、建築という分野ではこの「断面の考え方」が基本とも言えるワケですが、なかなか一般の方が断面的に考えるのは大変です。

僕たちでも、良く分からなくなる時があります。。笑

平面に加え、断面も思考の一部に置いておくと、プランは劇的に面白いものに変わります。
これは一種のテクニックのようなものかも知れません。

まとめ

以上のように設計者が思う「良い家」と一般の方が思う「良い家」にはズレがあるように感じています。

それもそのはずで、一般の方は僕たちほど「様々な空間を経験」していないのでイメージが付きづらい家には抵抗感が出ます。

抵抗感がある家はあまり良いように感じられないというのはとても自然な流れです。

だからこそ写真やパースや言葉で、空間の気持ち良さを伝える必要があるワケなんですね。。

これらはきっと住宅設計に限らず、他の分野でも起きている話なんだと思います。

例えば僕が、トヨタのエンジンの美しさを力説されてもマジで意味が分からないように。笑

今回の内容は、一般の方にはあまりピンとこない内容だったかも知れません。
ごめんなさいね。。

それでは今日はこの辺にしておこうと思います。
以上、【家ズレ3選】でした。

最新情報をチェックしよう!
広告