新築時の住宅ローンは出来る限りおさえるべき理由【住宅ローンは苦しい】


こんにちは。おすけです。


住宅設計の仕事をしていると、住宅ローンの相談も受けます。
本来は営業マンが専門ですが、相談を受けたら返答しないワケにはいきませんので個人的な見解を述べることはあります。
さらに、自邸も建てましたので住宅ローンについて感じるところもあります。


たまに、
「今は超低金利時代。目いっぱいローンを借りよう」と言われるお施主さんもみえますが、僕はその意見に懐疑的です。


その理由を説明していきます。


それでは早速行ってみましょう!!

住宅ローンは借金です


まず、誰しも住宅という大きな買い物をしているときは金銭感覚がバグります。
これは新築買った人あるあるです。


住宅の見積書の中の2.3万円の項目はとっても安くみえます。
誰しも 「 2.3万円なら良いものを」と財布のひもがユルユルでダラダラになります。笑


営業マンが良く使う手法ですが「月々計算すると数千円ですよ。」
という助言もあって結構契約時から金額アップになっているご家庭もあるんじゃないでしょうか?

住宅ローン(35年)という魔力は恐ろしいものです。
100万円単位が数千円で手に入ったような感覚にもなるのが住宅ローン。

そんな住宅ローンですが、つまるところ【高額な借金】です。
借金とは何があっても返さなければならないお金の事です。


病気の時も、災害にあった時も、大学生の子供が一人暮らしを始める時も、住宅ローンはせっせとお金を徴収しに来ます。


これから人生は長いですからね。
「万が一が起こること」は100%と言っても良いと思います。

借金の考え方は人それぞれですが、「借金をしてまでそのオプションが必要なのか」を検討してみると良いと思います。

月々返済が多いと豊かになれません

先ほどの例のような、住宅ローンで返済ができなくなるほど借りる人は正直少ないです。


大体の人が、毎月手取りで○○万円入るからその内の○○万円は住宅ローンで返済できるか。。
比率で言うと○○%くらいか。。
と考えると思います。


ですが、生活を豊かにしていこうと考えるならば毎月の返済は絶対に少ない方が良いです。


なぜならば、

・今後は生涯ひとつの会社で働くことは少なくなるから
・資産形成に回せるお金が減るから


の2点です。


ぶっちゃけ今でも、生涯ひとつの会社で働こうと思っている人も多いと思いますが、絶対にこのような時代は終わります。


住宅ローンの返済計画自体が【現時点での給料が今後定年まで毎月支払われる】ということを前提にしているので会社からの給料という安定収入がなくなった(減った)瞬間に家庭のキャッシュフローは健全とは言えなくなります。


すると、自分の人生をよくするためチャレンジする事はおろか、職場で不当な扱いを受けた時も仕事を辞めるという選択肢が取れなくなります。


住宅ローンを自分の収入から十分に小さく設定することは、自分の人生の選択肢を広げるためにもとても重要な事だと考えています。

十分な貯金がある場合にはアリかも


散々、住宅ローンの恐ろしさをお伝えしてきた僕ですが、現在の超低金利である住宅ローンの良いところもあると思っています。


それはズバリ、住宅ローンで借りる金額を現金で持っている人は住宅ローンMAXはアリだと思います。

・住宅ローン(借金)は1.0%を下回る【超低金利】
・住宅ローン控除が残高に対して1.0%13年間控除を受けられる
・金融資産を運用して3.0%の運用を目指す


上記の条件を満たすことができれば、現在の超低金利時代は結構オイシイものです。
住宅ローンを借りた方が得という状況になりますよね。。
(戸建て住宅はアパートは違いそれ自体がお金を生みませんので、住宅を買う事自体は投資としては見れません。)


ケースとしては少ないですが、現金が十分にある家庭であれば、住宅ローンは多めに借りるというのはアリだと思います。

まとめ

今回、僕が実際に住宅ローンを組んでみて分かったことをまとめてみました。


繰り返しになりますが、住宅を借りれることと返済できることは別物です。


住宅という大きな買い物では住宅ローンを上手く利用しましょう。
くれぐれも、住宅ローンという錯覚により金銭感覚がおかしくならないように注意してください。


下記関連記事です。


設計者の僕が自邸で死ぬほど悩んだ時の記事です。


僕は市街化調整区域で家を建てました。
全ての人に適応できませんが、住宅ローンの総額を下げる効果もあります。


最後まで読んで頂きありがとうございます。
それではまた次回。

最新情報をチェックしよう!
広告