大手ハウスメーカー 全然転勤ないです。

まずは、僕のご紹介を。
僕は大手ハウスメーカーに設計として勤めて、8年目です。
勤め始めて割とながくなってきました。

今日はハウスメーカーの転勤事情についてご説明します。

僕の周りでは、転勤はほとんどないです

いきなり結論ですが、転勤全然ないです。

巷で溢れている話ですが

・ハウスメーカーは転勤が多い
・特に営業ではノルマ厳しすぎて、成果が残せないや人間はすぐに飛ばされる
・家建てたばかりなのに転勤が決まって、新築に住めない

みたいな話が多いですが、感覚として僕の働いている職場の状況と全然違います。


まぁ、正直転勤する人全然いないですね。
逆に転勤してほしいって思う人もめっちゃ残っています。笑


僕は今の会社にしか就職したことがないので、他メーカーの実状はわかりませんが、少なくとも大手ハウスメーカーは転勤必須みたいな話はないのかと。。


そもそも会社は社員にも自社の家を建ててほしいと思っているでしょうから、転勤ばかりでは家を買いたい人が減るってことも認識していて、ある程度配慮していると思います。


そんな中でも、もちろん転勤になるケースもあります。
昇格か降格の際は、ある程度のエリアに絞り転勤があります。例えば東海圏の中で。とかですね。


でもいくら成績不振でもよっぽど降格なんてことは少ないですし、(一年くらい売ってない人も全然いますよ笑)
まぁ昇格もしょっちゅうあるものではないので基本は転勤なしと考えてよさそうです。

全国規模の会社でも、配属も地元でした


当時の僕は転勤してみたかった側の人間です。
ですから地元に配属が決まった時、逆にちょっと悲しかったのを覚えています。


就職活動の最終面接で、
「勤務地の希望はありません。どこでも行きます。」って言ってました。。


というのも僕は地元が中部地区ですが、大学は九州に行きました。
そこで4年間過ごして、知らない場所で新たな生活を始めるという行為が結構楽しかったんですよね。。
新しい友達も増えるし、故郷がもう一か所できるような感覚。


だから、転勤全然いいじゃんって思ってたんですよね。
いっそ海外に行っても面白いかもって思っていました。


で、配属されたらめっちゃ地元で、正直すんごい萎えたのは今でも覚えています。笑

今後は「地元で勤務」が主流になっていくと思う


そもそも僕は転勤という行為が結構、時代錯誤かなと見ています。
麻痺しちゃってるかも知れませんが、「会社に住む場所を決められる」って結構ヤバいと思いませんか?


加えて住宅という業界で言えば、地元に近いほうが紹介にも繋がりやすいし、急遽介護が必要になって実家に帰らないといけない、とかっていう時も対応しやすいので、むしろ進んで地元採用にしたほうが効率的だと思うワケです。


現に上の世代の方たちは東海圏出身じゃない人が多いですが、僕の世代では地元の人ばかりです。きっと会社もそのような人事に方向転換している途中なんだと思います。

まとめ


結論、ハウスメーカーは転勤ばかりではないです。
少なくとも僕の周りに限って言えば、ほぼ転勤はありません。


僕も今は、転勤の心配がない会社に勤められて良かったと思っています。
家族も出来たし、おじさんになってから転勤で単身赴任とかは結構ツライかなと想像しています。


ゼネコンとかはどうしても現場によって、転勤が決まってしまいますからね。。
転勤が当たり前という働き方です。ゼネコンに行った大学の同期からは、転勤がないことをめっちゃうらやましがられますし、その点はハウスメーカー設計になって良かったのかな~っと思っています。


だから、転勤を気にしてハウスメーカー勤務を断念しようとしている方は、ちょっと待ってほしい。。


そうです。「転勤ないからハウスメーカーイイよ」ってことです。笑


最後まで読んで頂きありがとうございます。
それではまた。

最新情報をチェックしよう!
広告