ハウスメーカー設計士の僕が思う、ハウスメーカーの【設計レベル】について

こんにちは。

おすけです。

今日は『ハウスメーカーの設計力ってどのくらい⁈』ってことについて解説していきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう〜!!

優秀な学生さんはハウスメーカーを選ばない

建築業界人なら肌感覚でわかると思いますが、建築学生はハウスメーカー設計にあまり行きたがりませんね。。

優秀な学生さんほど【ハウスメーカーを選ばない】と言ったほうが正しいかもしれません。

建築学生の中では、
組織設計>アトリエ系事務所>ゼネコン設計部>ハウスメーカー設計
といった感じでしょうか。

人によって優劣はありますけど、とにかくハウスメーカー設計は最後尾くらいの立ち位置だと思います。笑

僕自身、ハウスメーカーに就職すると大学教授に言ったところ、

教授
もっと規模の大きな建物を扱ったらどうだ!?

と言われた記憶があります。

大学教授もハウスメーカー設計は、【設計職】としてあまり魅力的に感じていないように思います。

これは大学教授の昔ながらのイメージからハウスメーカーを判断しているのだと思います。
今ではかなりハウスメーカーの様子も変わってきていますので、その点についても説明していきたいと思います。

お決まりのパターンばかり⁈

【ハウスメーカー】のイメージと言えば、お決まりのパターンを量産するような、決してクリエイティブとは言えない職業だと思われています。

それに関しては、【半分本当で、半分間違い】って感じです。

パッケージのような住宅を作ることもありますが、中には設計力を大いに試される物件もあります。

上記のような特徴から、建築学生にはハウスメーカーの立ち位置が低いんじゃないかなぁと感じている次第です。笑

おすけ
やっぱり毎回違った建物建てたいもんね!

ハウスメーカーの設計力について

それでは本題ですが、個人的にはハウスメーカー設計者の設計力は【十分に高い】と思います。

現に、ハウスメーカーを退職してから自分で設計事務所を開く人もたくさんいますし、
設計力は個人差にもよりますが、十分に世間でも通用するレベルにあると思います。

個人宅はあまり広告等にも出ないので認知度は低いですが、一般建築にも見劣りしない素敵な家もたくさんあります。

ただ間違ってほしくないのは、これらの【良い住宅】は決して住宅展示場ではないということです。

街中にある住宅展示場は企業としての宣伝広告みたいなもの。

これから売り出したい新規要素を盛り盛りに入れてまして、まぁ何というか【下品】な感じです。笑

あとハウスメーカー設計者の特徴が【平面的な間取り構成が上手い】ってことです。。

ある建築家の先生とお話しをしていてわかったのですが、

軒高が決められているハウスメーカーでは断面構成を考えるのがあまり得意ではない代わりに、平面構成がとても上手いそうです。

良いのか悪いのかわかりませんが、この点もハウスメーカー設計者の特徴だと思います。

先ほどの建築家の先生が、

巨匠
『アナタの会社にプランめっちゃ上手い人いるよね〜』

って言ってたのがずっと頭に残っていて、自分のことでは無いことは百も承知ですが、勝手に自信にしています。笑

まとめ

ハウスメーカーの設計力はどんどん伸びてきている印象です。

建築雑誌にハウスメーカーの住宅が取り上げられるのも時間の問題な気がしています。

昔のコテコテの量産型住宅ではなくなって来ているので、就活生はぜひハウスメーカーにお越し下さい。笑
そうです、慢性的な人手不足です。笑

以下関連記事です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

それではまた次回!

最新情報をチェックしよう!
広告