僕の一級建築士勉強法【学校の使い方編】

こんにちは。
おすけです。

今回は僕の一級建築士の勉強法。
の中でも【資格学校の使い方】について解説していきます。

建築士の資格学校と言えば、総合□や日〇学院などが有名ですが、これらの【学校との付き合い方】はとても重要だと思います。

資格学校の言うことを真に受けていたら、高い集中講義費を取られますし、時間も掛かります。

そこで、実際に資格学校に通っていた僕が、

おすけ
もっと上手く資格学校を活用できたな~。。

みたいな話をしていこうと思います。

資格学校を検討している人は、参考にしてください。

それではさっそく行ってみましょう~!!

資格学校についての予備知識

資格学校を上手に利用するにあたり、建築士の資格学校がどのようなものか、知っておくほうが良いと思います。

お伝えしたいのは、以下3点です。

・お金は高額
・講師はプロではない。
・自分のペースで勉強できない

以上を踏まえて、【資格学校に行くかどうか】から検討すると良いと思います。

お金がかかる

当たり前ですが、お金がかかります。
しかもかなり高額です。
僕の時でも、学科+製図で100万円くらいだったように記憶しています。

こんなに高額なセミナーなんて、資格学校かマルチ商法の業者くらいのもんです。

先生は教えるプロではない

資格学校の講師の多くが、一級建築士を持っている人が副業でやっています。

つまり、塾講師のように【教えるプロ】ではなく、資格を持ったおじさんが教えている感じです。。

僕の時は、テキストをひたすら読み上げていく講師もいました。
多分この人内容分かってないんだろうな~って感じでした。。

おすけ
収録講義のおじさんですら、テンション低め、やらされ感プンプンです。笑

僕は1.2級と合わせて結果5年も通いましたが、そんなに教え方が上手な人はいなかった印象です。

自分のペースで勉強できない

学校に通うとカリキュラムがあるので、授業中は【説明+解説→問題演習】の流れで進みます。(当たり前ですね)

ですが、社会人なら専門がありますから、この分野は先生よりも詳しいよってところもあるんですよね。

学習は、自分の理解できていない部分から学ぶのが王道。
ですが、他人と同じカリキュラムで進む授業では、その融通が効きにくいように思います。

学習の基本は問題集

僕は一級建築士の勉強をする前に、勉強方法を学びました。

巷では、いろんな勉強方法が紹介されていますが、僕が調べた中ではある共通点がありました。

それは、
受験エリートの東大生・京大生はあまりノート取ってないということ。。

資格試験は『検索競技』です。

地頭の良さを競うものではなく、自分が持つ知識から、適切な回答を取り出すという競争です
よって、知識をまとめることよりも、問題集の反復演習がもっとも効果的です。

おすけ
だからノートは取らない・まとめない。

僕の場合、分からないことがある時だけ教科書を参照して、
教科書に章ごとにまとめページがありましたので、そこに直接書きこむようにしていました。

基本はそのまとめページだけ覚えれば十分で、他の細かい補足はたいして重要ではありません。
見開きページを写真に撮っておいて、スキマ時間に眺めるようにしていました。

それによって2.3分の時間も効率的に勉強できます。

ですから、問題集だけをひたすらやってください。
建築士試験の場合、「まとめる」という行為に時間を割くべきではありません。

教科書では、試験にはほとんど出題されない【教養部分】があるので、ノイズが多いのです。。

学校の授業時間=自習時間

僕は説明が分かりにくい講師のときは、その時間を自習として使っていました。

生徒側は高いお金と貴重な時間を払っています。

その対価としてクオリティの低い授業を受けるくらいなら、自習していたほうが全然良いと思います。

直前講義は必ず出る

直前講義は出るべきだと思います。
これまた、追加でお金取られるんですけど、笑

ただし、GWとか構造・設備強化とかは行かなくて良いです。
めちゃくちゃ勧められますけど、僕はあんまり効果なかったです。。

ただし、直前講義の問題は試験本番で結構出題されました。

これ以上の深追いは避けますが、まぁ色々と繋がりがあるのでしょう。。
しかも定番の問題でもなく、全然見たことないような問題が本番で出題されました。

おすけ
逆を言えば、直前講義に出たマニアックな問題は要チェックです。

まとめ

一級建築士の資格学校に5年間通った僕が、学校の使い方まとめてみました。

僕は二級で1回・一級で2回落ちたので、計5年間ずーっと学校に通ってました。

5年間も通った僕が言うことには、ある程度説得力があると思いませんか?笑

皆さんには、ぜひ一発で通ってほしいと思います。

全力で応援しております!

以下も合わせてお読みください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

それではまた次回!!

最新情報をチェックしよう!
広告